交通事故被害者Q&A

ここでは、交通事故被害者の方が抱く様々な疑問・質問の中でも特によくお問い合わせのあるものについて、Q&A形式でお答えします。交通事故による被害が原因の悩みや不満を解決する際のご参考になれば幸いです。

Q:追突事故によるむち打ち症で長く入院しています。保険会社がそろそろ症状固定してほしいと言ってきています。どうしたらいいでしょうか?
A:保険会社の言い分にとらわれないように注意が必要です。

交通事故による傷害に対して、治療効果があがらない時期がいずれは到来します。この時点を症状固定と言います。交通事故の賠償金額は症状固定時を基準に算定していきますからいつ固定するかというのは重要な問題となります。

症状固定時期については主治医が決めるものとされていますから、保険会社の言い分にとらわれることなく医師とよく相談して決めることになります。

Q:健康保険を使った方がいい? 交差点の事故で骨折し、治療を受けています。友人から健康保険を使って治療を受けた方がよいと言われています。本当でしょうか。
A:その通りです。

交通事故では自賠責保険から治療費などの仮払いがされますが、120万円が限度とされています。そこで、被害者が負担するお金を少しでも少なくするために、健康保険を使う意味があります。また、過失相殺がある場合には、支払った金額の全額が戻ってくるわけではなく、被害者も過失割合分の支出を負担します。このような場合には、支払った金額が大きいと負担額も大きくなります。

病院は交通事故での治療では健康保険は使えないなどと言うことがありますが、これは誤りです。

Q:専業主婦にも休業損害がある? 私は専業主婦で働いていません。しかし、交通事故で入院し、長く家事などができませんでした。私にも休業損害がもらえるのでしょうか。
A:対象になります。

主婦の家事労働も休業補償の対象となります。

通常は女子平均賃金を利用して金額を算定して請求します。

Q:むち打ち症による頭痛が後遺症として評価されませんでした。私としては痛みがあるので、認定されないのは不満です。
A:異議申し立て制度があります。

神経障害については「局部に神経症状を残すもの」として14級に認定される可能性があります。後遺症認定に対しては異議申し立て制度があり、これにより変更されることも少なくありません。

弁護士に相談する場合には、この異議申し立ての可能性についてもお聞きになるといいと思います。

Q:症状固定して保険会社が賠償金を示してきました。これは正しいでしょうか?
A:弁護士と相談しましょう。

保険会社の担当者が示す示談金の多くは低い傾向にあります。

後遺症の慰謝料、傷害慰謝料など、判例や日弁連などの基準に比較しても少ないことはしばしばあります。そこで、症状固定した場合にはできるだけ弁護士と相談されることをお勧めします。