知っておくと便利!

自賠責保険仮渡金
自賠責保険では当座の治療費や休業補償などについて仮渡し金制度があります。
内払金
被害者が治療を継続しており総損害額が確定しない場合でも、調査の結果、加害者に責任があり、損害額が10万円以上あることが認められた場合に、加害者・被害者いずれからも自賠責保険会社に内払金を請求できます。
加害者の責任及び損害額が明らかになった時点で支払われるサービス業務という点で、仮渡金と異なります。
労災保険
交通事故が勤務時間、出勤途上などの事故であれば労災保険から治療費、休業補償、一時金などが支給されます。
政府の自動車損害賠償保障事業
強制保険にも加入していない加害者による事故に対し、政府が保障する制度です。給付額などは自賠責保険と同じです。