誰に責任を追及できるか

加害者
民法709条の不法行為責任に基づき賠償責任を追求できます。
保険会社
強制保険(自動車損害賠償責任保険、いわゆる「自賠責」)に基づく請求、任意保険に基づく請求があります。
自動車の名義人
自動車の名義人と加害者が異なる場合には、名義人に対しても、運行供用者責任という責任を原則として追求できます。
事業主
従業員が仕事中に事故を起こした場合には、雇い主に対しても責任追及できます。
親(監督義務者)
責任能力のない幼い子供等が原因で事故が発生した場合には、親などに対して責任追及できます。
国、自治体等
道路の管理などに問題がある場合には、国、自治体など道路管理者に責任を追及できます。