自動車保険について知る

意外と知らない自動車保険。自賠責保険、任意保険とその種類についてご紹介します。

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)

自動車事故による被害者救済のために加入が義務付けられている保険で、強制保険とも呼ばれます。

保険支払いの対象となるのは、いわゆる人身事故の被害だけで、物損は対象になりません。また、支払われる金額も一定金額に限られています。このため、被害を全てカバー出来ない場合に備えて、次のいわゆる任意保険に加入することが多くなっています。

任意保険

自賠責保険と異なり、各自が任意で加入する保険です。

平成9年の自由化以降は多様な保険商品が提供されていますが、主流は総合自動車保険といわれれるもので、対人対物賠償保険(他人や自動車など他人の物に対する損害賠償に関するもの)、人身傷害補償保険、搭乗者傷害保険に、特約として自損事故保険、無保険車傷害保険が付いています。

以下は、各種保険の内容を紹介します。

人身傷害補償保険

保険加入者が、人身傷害事故によって被害を被った場合に、事故の賠償責任や過失の程度とは関係なく、保険加入者自身の損害回復のために支払われる保険です。

従来の保険が、保険加入者が第三者に与えた損害をカバーするための性格を持っていたこととは大きく異なる、新しいタイプの保険です。

搭乗者傷害保険

保険契約をしている自動車が事故を起こした際に、その自動車に乗っていて被害を被った人に支払われる保険です。保険契約をしている自動車に乗っていた人であれば、誰でも保険金支払いの対象となる点が特徴です。

無保険車傷害保険

保険加入者が事故によって死亡または後遺障害の被害を被った場合に、加害者が保険に入っていなかったり、入っていても保険金額が低すぎたりする時などに、保険会社が加害者に代わって支払う保険です。人身傷害補償保険がある場合には、同保険でカバーできない場合に支払われるようになりました。

自損事故保険

単独の自動車事故や加害者に責任追及ができない事故によって被害を被った場合に支払われる保険です。ただ、人身傷害補償保険があればカバーされるので、同保険が組み込まれていない場合に意味がある保険です。

車両保険

保険の対象となっている自動車が、交通事故やその他偶然の事故によって壊れたりなくなったりした場合に、基本的に自動車自体に生じた損害について保険金が支払われる保険です。塀にぶつけた場合など、原因となった事故などに相手がいなくても支払われます。また、様々な特約があるのも特徴です。

その他の特約

  1. 弁護士費用等担保特約

    保険加入者が加害者になった場合には示談代行制度があるので弁護士を選任する必要はありません。しかし、被害者になった場合には示談代行制度が使えず、自分で弁護士を選任する必要があるため、その費用を支払う特約です。

  2. 日常生活賠償責任担保特約

    「自転車運転中に誰かを怪我させたような場合」のように、日常生活などによって第三者に損害を与えて負担した賠償責任に対して、支払われる保険です。

  3. 交通事故危険担保特約

    自動車事故以外の交通事故(電車、自転車など)によって被害を被った場合に支払われる保険です。

  4. 身の回り品保障特約

    偶然の事故や盗難によって、自動車の車内・トランク内に入っていた動産が損害を被った場合に支払われる保険です。